おすすめ曲

マイカ・ルブテ『Lucid Dreaming: The Remixes』ドリームポップの多彩なリミックスアルバム

マイカ・ルブテ(Maika Loubté)さんの『Lucid Dreaming: The Remixes』は邦楽と洋楽、ポップスと電子音楽を柔軟に行き来する快作。
心地いい明晰夢に浸りましょう!

Contents

はじめに

フランス人の父と日本人の母のあいだに生まれ、パリや香港でも暮らした時期がありつつ、東京を拠点に活動しているSSW&プロデューサー&DJのマイカ・ルブテさん。
アナログシンセと日本語、フランス語、英語を操り、ユニット活動を経て、ソロ活動へと移行しました。
ドリームポップ電子音楽の融合による、浮遊感あふれるボーカル&サウンドが特徴的です。

Lucid Dreaming


3rdアルバム『Lucid Dreaming』(読み:ルシード・ドリーミング、意味:明晰夢、デジタル:2021年10月20日、LP:2022年8月31日)はシングル7曲を含む、全14曲・約43分。

Lucid Dreaming: The Remixes


リミックスアルバム『Lucid Dreaming: The Remixes』(2022年6月15日)はシングル2曲を含む、全15曲・約57分。
今回は3rdアルバムの原曲を参照しつつ、リミックスアルバムを聴いていきましょう。

【1】It’s So Natural (feat. AAAMYYY & 80KIDZ) [80KIDZ Remix]


3rdアルバムの第6弾シングル「It’s So Natural」(2021年7月28日)は、3ピースバンドTempalayテンパレイ)のシンセサイザーを担当しているAAAMYYYエイミー)さんが日本語詞とボーカルで参加したドラムンベース
2人組エレクトロユニット80KIDZエイティーキッズ)がリミックスを手がけたことにより、ダブステップっぽいハウスチューンに生まれ変わりました。

It’s So Natural

【2】Mist (feat. TiMT) [TiMT Remix]


3rdアルバム第2弾シングル「Mist」(2021年1月27日)のTiMTティムト)さんによるリミックスは、リミックスアルバムの第2弾シングル(2022年5月18日)としてリリースされました。
ドラムやギターも演奏するトラックメーカーTiMTさんならではのグルーヴが醸し出されています。

Mist:Lyric Video

【3】Show Me How (feat. Kan Sano) [Kan Sano Remix]


3rdアルバムの第1弾シングル「Show Me How」(2020年10月28日)は、マイカ・ルブテさん自身が出演した、マツダ(MAZDA)のクロスオーバーSUV、MX-30(2020年10月8日~)のテレビCMとのコラボソング。
Kan Sanoカン・サノ)さんによるリミックスは、リミックスアルバムの第1弾シングル(2021年9月22日)としてリリースされました。
マイカ・ルブテさんとKan Sanoさんの2人には、多彩な要素をポップに昇華するキーボーディスト&プロデューサー(トラックメーカー)という共通点がありますが、マイカ・ルブテさんらしいドリーミーさを残しつつ、太いキック&ホーンサウンド&鍵盤によってKan Sanoさんらしいファンキーかつジャジーなサウンドに仕上がっているところが最高です。

Show Me How

【4】It’s So Natural (feat. AAAMYYY & 食品まつり a.k.a foodman) [食品まつり a.k.a foodman Remix]


1曲目「It’s So Natural」の食品まつり a.k.a foodmanさんによるリミックス。
「レゲエ(ラガ)+ジャングル」のラガジャングルっぽいビートに、ダビーかつシャカシャカ音を強調したウワモノを乗せる手法が実験的です。

It’s So Natural:Short MV

【5】Flower In The Dark (feat. Ishio Dai) [Ishio Dai’ GEKKA BIJIN Remix]


3rdアルバム第7弾シングル「Flower In The Dark」(2021年8月25日)のIshio Daiイシオダイ)さんによる月下美人リミックス。
ジャングル&ドラムンベースのレーベル<Effective96>主宰者らしい解釈です。

Flower In The Dark

【6】Spider Dancing (feat. EXPCTR) [EXPCTR Remix]


3rdアルバム第4弾シングル「Spider Dancing」(2021年5月7日)のEXPCTRエクスペクター轟恭平)さんによるリミックス。
原曲と聴き比べると、ポストレイヴ的な4つ打ちダンスチューンにもさまざまなニュアンスがあることを感じ取れるのではないでしょうか。

Spider Dancing:MV

Studio Live Video

【7】Kids On The Stage (feat. ermhoi) [ermhoi Remix]


原曲は1分足らずの鍵盤とコーラスによるインタールード的なインスト曲。
King Gnuのギター&ボーカル常田大希さん率いるmillennium paradeミレニアムパレードミレパ)のボーカルとしても活躍しているSSW&トラックメーカーのermhoiエルムホイ)さんがリミックスを手がけたことによって、3分あまりのミニマルなアンビエントになりました。

Kids On The Stage

【8】Spider Dancing (feat. Small Circle of Friends) [Small Circle of Friends Remix]


6曲目「Spider Dancing」のヒップホップデュオSmall Circle of Friendsスモール・サークル・オブ・フレンズスモサ)によるリミックス。
「本当に同じ曲?」というくらい不穏な空気が漂うダウンテンポなミニマルチューンに生まれ変わりました。

Spider Dancing:Lyric Video

Live performance

【9】Lucid Dreaming (feat. Sountrive) [Sountrive Remix]


3rdアルバム表題曲のSountriveサウントライブ佐藤公俊)さんによるリミックス。
透明感あふれるマイカ・ルブテさんのボーカルに、湧き水のように澄んだサウンドが重なり、心身ともに浄化されるようです。

Lucid Dreaming

【10】5AM (feat. LISACHRIS) [LISACHRIS Remix]


マイカ・ルブテさんの弟Keisei LoubtéKeisei Leboutet)さんが作詞した、3rdアルバムの第3弾シングル「5AM」(ファイヴ・エーエム、2021年4月7日)。
ヒップホップクルー&レーベルYENTOWNイエンタウン)の元メンバーLISACHRISリサクリス)さんによるリミックスでは、眠れずに迎えた朝5時の空気感が増幅されているようです。

5AM

【11】Flower In The Dark (feat. Ishio Dai) [Ishio Dai’ MAYOKE Remix]


5曲目「Flower In The Dark」のIshio Daiさんによる魔除けリミックス。
月下美人リミックスよりハードなジャングル&ドラムンベースになっているところに、アルバム後半の盛り上がりが感じられます。

FREE ONLINE SHOW “FLOWER DREAMING”

  1. 00:30~:System (Analog synthesizer version)
  2. 04:41~:Flower In The Dark
  3. 09:10~:It’s So Natural
  4. 13:00~:Spider Dancing
  5. 24:49~:Show Me How
  6. 29:30~:Nobara (Analog synthesizer version)

【12】System (feat. Cwondo) [Cwondo Remix]


カナダのプロデューサー&DJライアン・ヘムズワースRyan Hemsworth)とコラボした、3rdアルバムの第5弾シングル「System」(2021年6月23日)。
5ピースバンドNo Busesノーバシーズ)のボーカル&ギターでソロ活動も展開しているCwondo近藤大彗)さんが手がけたリミックスは、ミニマルかつローファイなブレイクビーツに仕上がっています。

Maika Loubté & Ryan Hemsworth「System」

Studio Live Video

Sings with vintage synthesizer

【13】Mist (feat. Primula) [Primula Remix]


2曲目「Mist」のPrimulaプリムラ)さんによるリミックス。
ドリーミーな歌ものポップスと重厚な金属音っぽいビートのギャップに痺れます。

Mist:Live performance

【14】Nagaretari (feat. Risa Taniguchi) [Risa Taniguchi Remix]


「Nagaretari」のRisa Taniguchiさんによるリミックスはゴリゴリの4つ打ちテクノ。
90年代に騒ぎになりすぎた反動で壊滅したはずのレイヴやトランスが、1周回ってトレンドのポストレイヴとして再び盛り上がっているらしい、という現場の雰囲気が伝わってきます。

Nagaretari

【15】Zenbu Dreaming (feat. lIlI) [lIlI Remix]


ラストの「Zenbu Dreaming」はSSW&プロデューサーのlIlIリリ)さんによるリミックス。
ハムスターのような小動物と化して、おもちゃの国で遊び回るようなかわいらしいダンスミュージックで締めくくられました。

Zenbu Dreaming:MV

Short Clip

Live chat before Premiere

おわりに


もしかしたら「邦楽と洋楽、ポップスと電子音楽などの区別なく何でも聴く」という音楽ファンは少ないのかもしれません。
そのためさまざまなカテゴリーの架橋となるようなマイカ・ルブテさんは、一般的なリスナーにはあまり知られていない可能性もあります。

Lucid Dreaming


これまでマイカ・ルブテさんを知らなかった人は、3rdアルバム『Lucid Dreaming』のほうから聴き込むといいでしょう。

Lucid Dreaming: The Remixes


ただ、音楽ジャンルの細分化が進むにつれ、それぞれ少数ながらも熱量の高いリスナーは存在するものです。
ジャングリスト、ドラムンマニア、ベースミュージック好きなどのコアな音楽ファンは、リミックスアルバム『Lucid Dreaming: The Remixes』の多彩な人選や解釈に唸るのではないでしょうか。
何も考えずに聴いてもどちらも心地いいので、じっくりご堪能ください。

Lucid Dreaming: Synthesized Symphony


アナログシンセとボーカルのみで再構築された『Lucid Dreaming: Synthesized Symphony』(2022年8月31日)もぜひ!

リンク

ABOUT ME
渡辺和歌
ライター / Twitter
RELATED POST